株式会社e-home > 株式会社e-homeのブログ記事一覧 > 寒い日が続きますが

寒い日が続きますが

≪ 前へ|物件選びのポイント   記事一覧   耐震性に優れた家とは?|次へ ≫

本格的な寒さ到来です。寒さが身にしみる毎日です。みなさま、お風邪など召されていませんか?

 

e-homeの物件の多くは、3LDK4LDKの間取りです。その間取りには畳のお部屋が含まれる物件を多数掲載させていただいております。

 

日本文化は中国から伝わったものが数多くありますが、畳は日本で生まれたものです。居間と寝室を兼ねていた和室は、常にベッドやソファが置いてある洋室にはない、汎用性の高さがメリットと言えます。お客様が泊まられる際は、布団を敷くだけで泊まってもらえますね。

ゴロンと寝転んでお昼寝したり、くつろぎのスペースとしても和室は重宝します。

 

畳のメリットは

1、調湿機能。日本の梅雨から夏は多湿でじめじめして不快ですが、畳が湿気を吸収して室内の湿度を抑えてくれます。反対に、冬は乾燥した室内に水分を放出してくれるので、乾燥を防ぐ役割を果たします。

2、断熱性。畳は、原料であるイ草が11本空気を含んでいるため、高い断熱性能を持っています。空気は熱伝導率が低いため、空気を多く含む畳にも断熱効果があるのです。

 

3、遮音性。イ草に含まれる空気が音を吸収するため、畳の部屋は遮音性が高くなります。イ草は衝撃音をやわらげる効果もあるため、足音が響きにくいメリットがあります。

 

4、リラックス効果。イ草の香りを嗅ぐと落ち着くのは、イ草の香りに沈静効果があるからです。

 

畳のデメリットは

1、シミになりやすい。畳の上に飲み物や食べ物をこぼすとすぐに染みこんでしまうため、シミにやりやすいです。フローリングも長く水分に触れていると水分を吸収してしまいますが、畳の方が吸水が早いのですぐに拭かないとシミが残ってしまいます。

 

2、ダニが発生しやすい。ダニは湿気が多い環境を好むため、畳が湿気を吸い込んだ状態が続くとダニが発生しやすくなります。こまめに掃除と換気を行っていればダニが発生しにくくなります。

 

3、重量物で型が残りやすい。畳はやわらかい床材であるため、重たい家具を置いたり、長い間同じ場所に家具を置いておくと跡がついてしまいます。

 

4、メンテナンスが必要。自然素材であるがゆえ、定期的な裏返しや表替えなどのメンテナンスが必要になってくる点です。34年に一度の裏返しや表替え、10年程度で畳床を交換することが望ましいです。

 

和室、洋室それぞれのメリットやデメリット、お客さまのご要望に合わせて、お家選びのお手伝いをさせていただきます。

 

 

≪ 前へ|物件選びのポイント   記事一覧   耐震性に優れた家とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


加古郡稲美町六分一 中古戸建

加古郡稲美町六分一 中古戸建の画像

価格
1,980万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県加古郡稲美町六分一大池
交通
土山駅
徒歩28分

加古郡播磨町古田3丁目 土地

加古郡播磨町古田3丁目 土地の画像

価格
1,380万円
種別
売地
住所
兵庫県加古郡播磨町古田3丁目
交通
別府駅
徒歩16分

明石市大久保町高丘5丁目 土地

明石市大久保町高丘5丁目 土地の画像

価格
3,000万円
種別
売地
住所
兵庫県明石市大久保町高丘5丁目
交通
大久保駅
バス9分 高丘5丁目 停歩7分

東急ドエルアルス明石朝霧台

東急ドエルアルス明石朝霧台の画像

価格
2,098万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県明石市朝霧台
交通
朝霧駅
バス11分 朝霧小学校前 停歩8分

トップへ戻る