株式会社e-home > 株式会社e-homeのブログ記事一覧 > 公的ローンと民間ローンはどちらがお得?金融機関ごとの特徴やメリットをチェック!

公的ローンと民間ローンはどちらがお得?金融機関ごとの特徴やメリットをチェック!

≪ 前へ|自分にあった金融機関はどこ?住宅ローンの借り入れで人気な金融機関の特徴とは   記事一覧   住宅ローンの2つの審査「事前審査」と「本審査」の流れ|次へ ≫

公的ローンと民間ローンはどちらがお得?金融機関ごとの特徴やメリットをチェック!

銀行やローン専門会社だけなく、住宅ローンは利用中の保険会社やお住まいの自治体、勤めている会社でも融資を受けられる可能性があります。
住宅ローンの借り入れ先は「公的」と「民間」に分類でき、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあるため、一概にどのローンが一番お得とは言えません。
今回は、購入予定の物件や人生計画に合ったローンを選ぶため、二種類のローンについて詳しく見ていきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

公的ローンと民間ローンの特徴~公的ローンとは~

公的ローンと民間ローンの特徴~公的ローンとは~

公的ローンとは、国や住宅金融支援機構をはじめとする公的機関が提供する住宅ローン融資を指し、おおまかに「財形住宅融資」と「自治体融資」に分けられます。
財形住宅融資は国の機関である住宅金融支援機構と勤め先の職場が主体となりますが、自治体融資は地域によって実施の有無が異なります。

公的ローン①財形住宅融資

財形住宅融資の特徴は、5年間の固定金利など制度が整っていて、金利も安いこと。
非常に魅力的なメリットですが、利用条件が厳しく誰でも申し込めるとは限りません。
勤務先で毎月の給料から一定額天引きされる「財形貯蓄制度」を1年以上継続しており、その貯蓄が50万円以上あることが主な条件です。
その他購入した物件に住み続けることや適用される住宅にも制限があるなど細かい条件が挙げられますが、条件を満たしている方にとってはお得に戸建てやマンションのローンを組めるでしょう。

公的ローン②自治体融資

自治体融資とは、その名の通り都道府県や市町村が主体となって取り扱う住宅ローン制度で、条件や借入額の上限はそれぞれ異なります。
地方銀行や民間ローン会社などの金融機関と提携している場合もあり、利息を一部負担し市民がより借りやすくする工夫をしている自治体も。
バリアフリーや耐震工事など、リフォームをおこなった際に助成金が出る制度を取り入れている自治体もあるため、ローンに限らず家に関することで金額が大きくなるなら一度自治体の制度をチェックしてみましょう。

公的・民間共同ローン:フラット35

住宅ローンを調べているとよく聞く名称ですが、これは独立行政法人である住宅金融支援機構と、銀行や保険会社など民間の金融機関が提携した中間の制度になります。
最長で35年の住宅ローンが組めますが、返済期間が短いほど金利は安くなります。

一番の特徴は借入期間中金利が変動しないことで、将来の返済計画が立てやすい点がメリットです。
マイホーム購入後の貯金や人生設計も不安にならず、安定した返済を優先したい方におすすめの制度です。
フラット35と自治体が提携したプランもあり、地域の補助金制度などを利用することで金利を引き下げられる可能性も。

住宅金融支援機構とは

住宅金融支援機構(元:住宅金融公庫)とは、国の機関で明確な目的がありながらも、自立的な運営で業務が進められる「独立行政法人」です。
資本金は全額政府出資で、管轄は国土交通省と財務省になります。
主な目的が住宅ローンの補助による国民の住生活向上あり、国の機関と言えど民間企業のような多種多様な制度やサービスが見られます。
フラット35以外だと、60歳以上が申し込み条件の「リ・バース60」や、省エネ賃貸住宅建設の融資など、現代のニーズに合ったプランが用意されています。

おすすめ物件情報|明石市東藤江2丁目 新築戸建

公的ローンと民間ローンの特徴~民間ローンとは~

公的ローンと民間ローンの特徴~民間ローンとは~

民間ローンは国や自治体以外の民間企業が取り扱うローンを指し、代表的なのは都市銀行や地方銀行です。
公的ローンは国や自治体が主体となるため種類が少ないですが、民間ローンは現在もネット銀行を中心に増え続けており選択肢も多く、自分に合う金融機関を見極めるのは難しいかもしれません。
おおまかな種類の特徴を把握して、的をある程度絞ってから相談しましょう。

民間ローン①銀行やローン専門会社

銀行にてローン相談窓口のカウンターを見たことがある方は多いと思います。

民間ローンのなかでも銀行は住宅ローンの相談が気軽にできる場所であり、さまざまなサービスやオプションを取り扱っていることが特徴です。
近年では金利の安さとオンライン上で手続きを進められることからネット銀行も人気ですが、対面で細かいことを相談しながら決めたい方にとっては店舗のある銀行が良いでしょう。
借入金額をのばしたい時は、地方銀行よりも少し審査が厳しめな都市銀行での相談がおすすめです。
銀行以外に、個人向けで住宅ローンの融資を取り扱っている業種としては、生命保険会社やクレジット会社が挙げられます。

民間ローン②勤め先からの借り入れ

会社が自社従業員に融資することを「社内融資」と呼び、比較的大規模な会社に見られる制度です。
貸し付けは会社の資金から直接融資したり、提携の金融機関を利用した際に補助制度が適用されるなど、各会社によってさまざまです。
会社の資金からの融資だった場合は、退職した際に一括返済となるため、利用前に注意事項などよく確認する必要があります。

おすすめ物件情報|明石市東藤江2丁目 新築戸建

公的ローン・民間ローンの特徴~メリット・デメリット~

公的ローン・民間ローンの特徴~メリット・デメリット~

公的・民間に限らず、使う金融機関によって条件や審査、付帯オプションは大きく異なります。
借りる人によってどこが良いプランを扱っているか変わりますが、それぞれの傾向を見ながら使いやすいと思える住宅ローン融資を探していきましょう。

公的ローンのメリット

公的ローンは総じて金利が低めに設定されており、年収や勤続年数などが重視されない点がメリットです。
財形住宅融資も自治体が主体となる住宅ローン融資も、一定の条件を満たせば申し込めるような制度が多く、審査を考えると民間ローンより有利といえるでしょう。

公的ローンのデメリット

公的ローンは使いやすい制度ですが、条件に当てはまる人が少ないことと、借入限度額が低めに設定されていることがデメリットです。
特に財形住宅融資は、財形貯蓄制度のある会社勤めでないと申し込めず、貯蓄額によって借入金額も変動します。
国と民間の中間であるフラット35ならば固定金利かつ借入金額も多く、提携している企業も全国にあるため、誰でも使いやすいでしょう。

民間ローンのメリット

現在は公的ローンでも、購入者の収入や住まいに合う選択肢が多くありますが、サービスの充実度や個人や物件に沿った対応が柔軟なのは民間ローンです。
もし審査が通らなさそうな場合はあらかじめ金利を高めにしたり借入額を減らすなどの対応は、民間ローンによく見られます。
金利については各金融機関によって大きく変わり、その都度キャンペーンがおこなわれるため、選択肢が多く迷うことはあると思います。
その分自分に合った金融機関とプランを見つければ、後から後悔することのない融資を受けられるでしょう。

民間ローンのデメリット

ローン審査の際にチェックされる点が多く落ちやすいのも民間ローンの特徴であり、デメリットとも言えるでしょう。
以前別のローンで滞納があったり、年収や職が一定でない場合は審査に通りにくく、特に信用を重んずる都市銀行での高額な借り入れは難しいかもしれません。
審査が不安な方は、まず公的ローンのなかで申し込み条件に当てはまるものを探してみることをおすすめします。

おすすめ物件情報|明石市東藤江2丁目 新築戸建

まとめ

多くの方は銀行や保険会社などの民間ローンを使いますが、財形住宅融資のある会社に勤めていたりお住まいの自治体がローン融資を取り扱っている場合は、そちらのほうがお得になる可能性があります。
金利や審査を重視して選びたいところですが、長期的な付きあいになるため自分が利用しやすく制度の整った金融機関を選びましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|自分にあった金融機関はどこ?住宅ローンの借り入れで人気な金融機関の特徴とは   記事一覧   住宅ローンの2つの審査「事前審査」と「本審査」の流れ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る