株式会社e-home > 株式会社e-homeのブログ記事一覧 > 近年の傾向

近年の傾向

≪ 前へ|室内の壁 その1   記事一覧   室内の壁 その2|次へ ≫

 

蒸し暑い雨の日が続いておりますが、皆様体調はお変わりないでしょうか。

 

e-homeのスタッフはお客様により多くの物件をご紹介するため、日々新着物件のチェック・入力を欠かさず行っています。

毎日新しい物件を目にしますが、全く同じ物件はもちろん一つもありません。それぞれの物件に魅力があり、特徴もございます。

違うといっても、もちろん時代に合わせて間取りの傾向というものはございます。

今回は近年の間取りについて注目して見ていきましょう。

 



■□和室□■


近年増えているのが、1階のLDKに隣接している5帖前後の和室や畳コーナー。昔から受け継がれている和室には利点も多くあり人気です。

昔から和室が欠かせない理由として、畳の素材が挙げられます。

畳はいぐさという素材でできており、これは断熱性や保温性に優れています

そのうえ湿気も吸収してくれるため部屋の温度を適温に調節してくれる効果もあります。

特にお子様を遊ばせるときには直接床に座っても保温性があり、転んでも柔軟性があるため安心ですね。

リビングの横に和室があると目を離すことなく家事ができるのも魅力の一つといえます。

 


■□LDK□■


リビングの広さも近年の傾向にありますね。

開放的でくつろげる空間のリビングがあれば、自然と家族が集まります。

昔はキッチンが独立し、食事をする空間とは別に仕切られていることが多く見られました。近年の家はリビングダイニングキッチンが一体型になった間取り、いわゆるLDKが主流です。

以前ご紹介した家事をしながら家族での団らんも楽しめる対面式キッチンも多く取り入れられるようになってきていますね。

 


■□開放感□■


一番の傾向として見受けられるのが個々の部屋に開放感を求める点ではないでしょうか。

昔は部屋数をできる限り確保し、個人の空間を優先されていました。

近年は少子高齢化に伴い、昔のように部屋数も必要ではないため一つ一つの空間に開放感を取り入れられます。

実際部屋数が多く個々に十分な空間が取れないと、使い勝手が悪く物置になってしまうというパターンも少なくありません。

近年の間取りを見てみると、4LDKなどの間取りが多くなっています。

収納スペースが豊富な家が増えていることからも、見た目をすっきりとさせ開放感を求めているという傾向が見えてきます。

 




このように近年の間取りは家族でのコミュニケーション、共に過ごす空間を一番に考えられていることが分かります。是非、お家探しの際参考にしてみてくださいね。


e-homeでは新築戸建はもちろん、中古戸建や中古マンションもご紹介しております。ポータルサイト(SUUMO/HOME'S/athome)や他社サイトで気になる中古マンション・中古戸建・新築戸建・土地がございましたらお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|室内の壁 その1   記事一覧   室内の壁 その2|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ファミールハイツ明石参番館

ファミールハイツ明石参番館の画像

価格
2,880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県明石市川崎町
交通
西明石駅
徒歩5分

東急ドエルアルス明石朝霧台

東急ドエルアルス明石朝霧台の画像

価格
2,098万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県明石市朝霧台
交通
朝霧駅
バス11分 朝霧小学校前 停歩8分

明石市西明石西町1丁目 中古戸建

明石市西明石西町1丁目 中古戸建の画像

価格
3,080万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県明石市西明石西町1丁目
交通
西明石駅
徒歩6分

明石市大久保町高丘5丁目 土地

明石市大久保町高丘5丁目 土地の画像

価格
3,000万円
種別
売地
住所
兵庫県明石市大久保町高丘5丁目
交通
大久保駅
バス9分 高丘5丁目 停歩7分

トップへ戻る